小学校に入学する前にしておく勉強

小学校入学、その前に身につけるべきこととは

小学1年生になる前に~身につけるべき最低限の知識と学力とは~

初等教育に入る前、多くの子供が通うであろう幼稚園、保育園。この2つでは、どういった教育を受けることができるのだろうか。教育のみならず、一般的に社会で生きていくための、あるいは小学校と言う集団生活の中で生きていくために必要な常識と言う点でも、どこまで身につけることができるのかに注目する。...続きを読む

小学1年のカリキュラムとは

初等教育1年目、つまり小学校1年ではどのようなことを学ぶのだろうか。科目としては、国語・算数・生活・体育の4つに大別される。その内容を簡単に解析するとともに、多くの子供たちがつまずきやすいポイントを、主だった科目ごとにまとめ、見ていこうと思う。...続きを読む

入学前に必要なこと

幼稚園・保育園で学ぶ内容を踏まえ、小学校1年目で学ぶ内容を見据えつつ、小学校入学までにどのような学習を行っておけば、小学校の学習内容に乗り遅れないか考えていく。特に、主要科目の国語・算数において、事前に学習しておくべき内容とは何なのだろうか。...続きを読む

おすすめリンク

名古屋駅近辺で評判の幼児教室

名古屋駅から通いやすい範囲内にある幼児教室を集めてみました。近くにお住まいの方は参考にしてください。

幼稚園・保育園ではどのような教育を受けるのでしょうか

「友達百人できるかな」
多くの子供たちは、真新しいランドセルを背負って、夢と希望に満ちあふれて小学校に入学することだろう。しかし、入学後すぐに子供たちの明暗は分かれている。それはもちろん、学力の上下によってである。
多くの小学校では、ゴールデンウィーク明けをめどに学習が本格化していく。特に主要科目である国語と社会では、小学1年生で基礎的なことは十分扱ってしまう。国語はひらがな・カタカナを覚えたうえで漢字の学習に突入。2年生で「スイミー」「ガマくんとカエルくん」といったある程度高いレベルの絵本を1人で読めるようにするために、読解力を身につけていく。算数は足し算と引き算だ。特に繰り上がりと繰り下がりは、多くの子供を苦しめることだろう。
小学校1年目でつまずかないために、入学前に学習面でできることは何だろうか。このページでは、それに注目する。
もっとも、ただ学習する勉強内容以外にも、「人に会ったら挨拶をする」「目上の人間にある程度の敬意を持って接する」「他人に暴力を振るわない」といった、社会的な対人関係のスキルは必要である。こういった常識は、保育園や幼稚園における幼児どうしの遊びによってしつけられていくことが多い。こうした「しつけ」は、勉強とは切り離し、小学校入学前の幼児教育機関に任せてしまうのがふさわしいだろう。
しつけ以外にやっておくべき内容としては、読書週間の定着化である。最初は両親などの家族が中心となり、毎晩寝る前に時間を決めて読み聞かせをすることで、子供に興味を持たせることが肝要である。